<   2006年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「いつか」と「いつか」の間で生きているから。


「いつか」が怖い。

それは自分がいつか消えてしまうんじゃないかとか

いつか、君がどっか遠くに行っちゃうんじゃないかとか

そんなんじゃなくて



もう忘れてしまった何かにまた

足を引かれたり、つまずいたり、吸い込まれたり。

流されたり、洗われたり、涙が出るほど感動したり。



そういうことが、何となく見えちゃって怖い。


自分が全く信じられないはずはなくて

むしろ十分に今までは信じてこれたのだけれど、

ふとした拍子でどうなるかわからない弱さもまた

抱えてるんだってこと

知ってしまったら話は変わってくるんだな。






一年に一回しかやってこない秋だよ。


そっか、20年生きれば20回やってくるのか。

それでもさぁ。



今まで22回も感じてきたとは思えない空気。

それは当たり前?周りも変わる、自分も変わる?



希望は基本的に叶わないものだよ。

夢に近づけば近づくほどね。

だからなのか、叶いそうな予感を少しでも感じたとき

胸が痛くなってたまらなくなるのは。



そしてたぶん、不安ってのが一番大きくなるのもそんな時。



思ってること。夢みたいなもの?叶ってしまったらもう消えちゃっていいってね。




久しぶりにaja聴いて、なんか宇宙に飛んで行っちゃったみたいですね、そんな感覚ですか。八分間の夢模様。









違うとは言わせない。愛なんかじゃ、決してないはず。







一番好きなものは何ですか?
一番欲しい物は何ですか?




他に何もいらないと、言えるほどのものってお前にとって本当にそれか?って、

一年前の自分と、二年前の僕に、それぞれ問う。ちゃんと聞きたい。



今となって思い返すことがこんなに簡単に出来るなんてこと、

あの日の自分にとって、決して望んでいたことじゃない。なのに。




なのに、さ。


なんだろうね。


抱え込むべきもの、多すぎやしないかな。





本当は違うんじゃないか・・・?って

やっぱり言いたくなるよ。自分にも周りにも。





周りのみんなにも、自分にも。君にも。








僕の中で今最も大きなものが何なのかってことだけが

はっきりしすぎていて、どうしようもないってのはいつもの話。



何年経っても変わらないけどね。







全然違うんだよ!!!
[PR]
by new-world-13 | 2006-11-17 02:12 | Souls/感じられたこと