カテゴリ:Minds/思い、考えたこと( 6 )

Memento.



“水の記憶”っていう話を聞いたことがありますか?



その名の通り、「水」には記憶がある、というものです。



水ってのは、例えば海の水が蒸発して雲になったり



絶えず姿を変えて、どこかに存在してるものです。



あるときは水道水、あるときは雨や雪になって、



またあるときは植物や動物、私達人間の体の一部として。



姿を変えているだけ、存在する場所を変えてるだけで



ずーっと昔から存在している。



水にはそんな太古の歴史の記憶があるのではないか、という考え方です。









時々、自分の知らない体験の夢を見たりしますよね。



前世の記憶だという説もありますが、



あれは、僕らの中に存在してる



水の記憶なのかもしれないですね。












この前、授業で、「前向性健忘症」の人を扱ったビデオを見ました。



「前向性健忘症」とは、その症状になる以前の記憶はあっても



それ以後の記憶の蓄積が出来なくなる、という症状です。



何分か時間が経てば、その何分間かの間に蓄積された記憶は



全て失われてしまうのです。



その人の記憶は、その症状になった時のままであり、



それから例え何年か過ぎようが、記憶は変わらないままであるので、



その人にとって、時間はその時で止まっているのです。








「時」というものは記憶によって生み出されるものなのかもしれません。



それぞれにとっての「時」は、それぞれの「記憶」によって生み出される。



そして、絶対的と思われる一つの大きな歴史の時の流れもまた



「何か」の、、、記憶が紡ぎあげてきたのかもしれません。
[PR]
by new-world-13 | 2005-12-10 23:59 | Minds/思い、考えたこと

~誰かが運んできた、世界の色んな色~



ども、今日合氣道の授業で痛めつけられたキシモトです。



あ、でも何か来週合氣道の打ち上げがあるらしい。楽しみ~♪






今日は友達と帰省のための新幹線の切符をとりに行ってきました。


年末は込みますからね。乗車率250%はもう勘弁です(前回はビートルズ聴いて乗り切りました)






えー、何かもう12月みたいですね。ってゆーか、たぶん気付いたら来年になってるんでしょうね。



気を付けないと。











ところで話は変わりますが、「運」ってどう思いますか?



何か色々あるような気がしますよね。



仕事運、金運、男運、女運・・・



たぶん、人それぞれ、その時その時でいろんな運を持ってるんでしょうね。



自分が、今、どのような運を持っているのかを見極めることは



とても大切なことなんじゃないか、とか最近思ったりします。



人生にも流れってあるはずですしね。



そういう意味で占いって、一つの示唆として意味のあるものなんじゃないかって思います。



まぁ僕は基本的に占いを信じる人なんで(極端にひどい時は信じないけど)



たまに見ては色々考えてるんですけど・・・。





そういえば、昨日お話を聴きにいった、GREEの社長さんの「学生さんへの10のメッセージ」に、



こんなものもありました。



「タイミングが何より重要」




うん、、、





やっぱり流れを見抜く力は必要なんですね。




そういう意味で、常に色んなものに気を配って、視野を広げて、



何かのちょっとした変化やその気配を感じようと、



普段から心がけておかなくちゃいけないですよね。






僕の欲しいものの一つに「感性」があります。



幅の広い感性。



いろんなものに対して、色んな方向から、色々な感じ方が出来たらなぁ、と思います。







例えば、僕は電車などでちっちゃい子供が窓の外の景色を眺めてる光景がとても好きなのですが、



それをみるといつも



あー、きっとすごいこと考えてんねやろなぁ~とか考えて羨ましく思ったりします。



そう、僕が求めてる「感性」ってのはそういう視点です。



物理的には、、いや、抽象的にも低い視点。



ん~何かちょっとわかりにくいですね。。




要するに、子供の視点に立って窓の外を眺めた時、何が見えているかを想像するんです。




何か、普段自分が見てるものとは違った世界が、



そこには広がっているはずです。





それを知れば、、そういう視点を持つことが出来れば、



自分にとっての世界はもっと広がって、色んな意味を持つようになると思うんですね。





だから僕は、時々、ものを見るときに



自分以外の人だったら、それをどのように見るだろうか、ということを考えてみます。




なるべく具体的な人を思い浮かべて、見てみます。




あいつならこう見るんやろなぁ...とか、あの子はこう見てるんかなぁ...とか。





音楽を聴く時でも、




他の人はどういう風にこの曲を聴くのだろうか、どういう風に聞こえんのかな・・・




とか考えてみるのも大変勉強になります。












この世の中には絶対的なものは、まず存在しません。




全ては相対的に存在しているといっても過言ではないかも知れないです。




もちろん、そのもの自体は確かに存在してると思うのですが、




僕らにはそれらは全く別のものに写っていると考えるのは不思議なことではないですよね。




それぞれのものの、意味、良さや悪さなどの価値は人によって様々でしょうし、




ひょっとしたらその色や形まで、人によって見え方は色々かもしれません。






だからこそ、




色んな視点が必要だと思うんです。






自分の視点だけでは決して見えてこないものが必ずあるはずから。












例えば、真っ暗で、何も見えない、何も聞こえない場所に自分がいるとすると、、、




他の人にはきっとその人のことは判らないでしょう。





でもその人は自分を感じることが出来ますよね、きっと。

















世界の色んな色、感じてみたくないですか?




















小さな明かり消して


真っ暗にしてみる


するとわかるよ、僕は


今ここにいる



小さな明かり消すと


みんな何見える?


遠い先の自分がほら


今日に手を振る



まだ大きな無限大が


みんなを待ってる


闇を抜けるとそこは


優雅な今日だ



ただの平々凡々な


日々に埋まる


宝を探す僕が


今ここにいる



(中村一義「ここにいる」より。)

[PR]
by new-world-13 | 2005-12-09 03:17 | Minds/思い、考えたこと

GREEの田中社長が三田に来られました。



今日、三田キャンパスにグリー株式会社の田中良和社長が来られました。



グリー(GREE)というのはソーシャルネットワーキングサービスの一つで



僕も普段お世話になっています。








とある授業で、そのGREEの社長が講演をされるということを友達に教えてもらい、


5限の授業をサボって聴きにいきました。




まず、社長を見たときの印象はやっぱり・・・





若い!!!





っていうものでした。28歳だそうです。




しかし、それより何より、



考え方などがもの凄く魅力的でした。





話を聴いていく中で、



“この人はヤバイ!!”



と思わされることが何回もありました。




とても素敵な方でした。








で、講演の最後に、学生へ10のメッセージというものをしていただいたのですが、



その中の一つ




「戦略とは捨てること」




が僕の心に強く残りました。



“限られた時間の中で、いま自分が本当にしたいこと、やらなければいけないことを



自分で選択していくことが大切!”






よく言われることですが、実行に移さない人が多いんですよね。僕も割りとそうです。




どうしても、色々全部欲しいと思ってしまう。




でも、それじゃあ結局どれも中途半端で、



達成できないことが多いんですね。



他にしたいことがあっても、とりあえず今は置いておいて



まずは今出来ること、本当にやりたいことをしっかりやることが大切なんだということです。









さて、でもう一つ、




これは10のメッセージとは違うのですが、





使用されてたスライドにこう書かれていたのがめっちゃ印象的でした。






「人生はドラクエだ。」






びっくりしました。





で、その言葉を見て色々考えていたんですけど、




確かに、そう考えるとすっきりするような気もしてきました。







ドラクエでは大抵、みんな死んじゃったら教会で復活できるんですね。




例えばお金が半分になったりした状態で。




で、現実の世界ではどうかというと、もちろん復活は出来ません。




ゲームというのは仮想現実の世界ですから、そのヴァーチャル性が問題視されることは多くあります。




でも、ここで僕は少し考えてみました。





例えばゲームなら、「とりあえずやっちゃおう!どうせ死んでも復活できるし。。。」って感じで、




みんな、大胆にも何でもやっちゃうんですよね。




それが、現実の世界になると、色々恐れて動かないって人が多いです。




流石に、それをやって死んじゃう可能性がある場合はマズイですが、




大抵の場合、死んじゃうなんてことはまずないはずです。




せいぜい、お金が半分になっちゃうくらいでしょう。




ドラクエとおんなじなんですね。




現実の世界をゲームと考えることには賛否両論あるかとは思いますが、





少なくとも、現実の世界では冒険してもドラクエほどの大きなリスクは背負わないのですから、





なんでもまずやっちゃうのが大事なんじゃないかと思います。





そのことを端的に表したのが、「人生はドラクエだ。」って言葉でしょう。





この言葉は人によって捉え方は様々だとは思いますが、




それぞれの人に何らかの示唆を与えてくれると思います。














僕がいつも心に留めているヘレンケラーさんの言葉があります。






「人生とは、大胆な冒険か、無か、そのどちらかだ。」






これは、今日の講演で社長さんが伝えようとしていたことに通じるものがあると思います。






僕ももう一度、自分の生き方について考えようと思いました。






本当に今日は行ってよかったと思いました。






教えてくれた友達、そしてGREEの田中社長に感謝します♪♪
[PR]
by new-world-13 | 2005-12-08 02:18 | Minds/思い、考えたこと

君の涙の美しさに、ありがとうと。



みなさん、日々、お疲れ様です。。最近やっと咳が少なくなってきたキシモトです。





さて、僕が愛読している友人のブログの過去ログを見ていたら、

今年の一月にあった成人式のことを思い出しました。




このブログを読んでいただいている方たちの中にも

きっと来月成人式を迎える方がおられると思います。

もしそんな方々の中で、成人式には行かない!って人がいれば

なんとしても行ってもらいたい!、と心から思います。



一生で一度しか出来ない経験なので

そのような経験はしとくのがいいのは当然なんですが、

やっぱり、自分の地元の同級生たちと

特別な時間を過ごせるということは本当に幸せなことだと思います。



本当に幸せなことです。




僕は今年の一月、無事に成人式に行くことが出来ました。

というのも、成人式の日程と必修の語学の授業の日程とが

不幸にも近接していたので、

成人式のために地元の奈良まで帰るのはなかなか難しかったのですが、

素晴らしいスペイン語の先生が、成人式のある人のために

僕らの日程を一週間ずらして下さったのです。

お陰で僕は安心して成人式に行けました。

そのことは今でも本当に感謝しています。(ヨルディ先生ありがとうございました。。)




で、無事に成人式を迎えることが出来たわけですが、

式当日は予想通り懐かしい顔ぶれをたくさん見ることが出来ました。

そのことももちろん嬉しかったのですが、

僕としてはやっぱり、前々から成人式の後は絶対に一緒に飲もう!って言ってた

親友たちと、予定通りともに式に参加できたのが一番嬉しかったです。


その中の友人の一人は、

もうずっと前から、「このメンバーで成人式に出るのが俺の夢」とまで言ってました。

たぶん、僕を含め他のメンバーも同じような気持ちだったと思います。


成人式当日は、涙が出るくらいやっぱり嬉しかったです。






親友というのは本当に何人もいるものだと思います。


自分が現在置かれている環境の中でもいるものだと思うし、


過去を振り返ればたくさん思い浮かべられる人もいると思います。


いや、みながそうだという事は出来ないかもしれないので


そういうことをいえる僕は本当に幸せなのかもしれません。


そのことは本当にいつも感謝しています。


彼らがいるから、僕は普段満足に生きられているんです。







話を戻します。。



そして、成人式の後、そんな親友たちと飲みました。


ほんと、みんな嬉しそうにしていました。


(まぁ、一人、彼女の成人式の晴れ姿を見るために車で大阪まで行って帰ってきて直接スーツで来て、酒をたのめなかったヤツもいましたが・・・w)


あれほど感慨深い気持ちになったのも


今まで生きてきてそうそうなかったです。








で、その後その中の一人の家でなぜかガキ使のビデオを見て、


そして、夏にまた飲み会しよう!ってことを約束して(もちろん、その飲み会はもう今年の夏に執り行われました。それもまた良かったです。。ちなみに次は年末に飲もうってことになっていて、今から楽しみにしています♪)、

そこで別れたわけなんですが、その後一緒に帰路に着いた友達と


耳成山(ローカルでごめんなさい)を5周ぐらいしながら色々話しました。


なかなか重たいテーマの話をしたので(宗教とか友情・愛情・家族愛についてが主。)


色々勉強になりました。


で、まだまだ話し足りなかったので、


近くにあったサンクスの駐輪場で、あったかい午後ティー飲みながら


音楽の話や漫画の話、恋愛の話などなど、これまた色々、午前3時くらいまで語り合いました。(その日のあさ7時の電車で東京に戻らなければならなかったのにもかかわらず。)


有意義な時間を過ごせたので、ほんとに感謝してます。またこんな時間を過ごせればなって思います。(いつもありがとね!シャチョー☆)


さて、、で、東京に戻ったわけなんですが、


そこからも長くなりそうなんで、今日はこの辺で。。



もしかしたらまた続き書くかもです。











今日書いたことを少し振り返ってみても、



なんとなく感謝してることが多いような気がする。



それだけ幸せだってことなんだろう。



幸せなことに感謝というものが生まれることが多いから。



幸せは感謝のみなもと。




ある先生が、「真理を探究する一つの方法は逆の見方をすることだ」って言っておられた。





幸せは感謝のみなもと。逆にしてみよう。




「感謝は幸せのみなもと。」




そうでしょうね。やっぱりそう思います。






僕も感謝の気持ちをずっと持ち続けたいと、、


今までも思ってきたし、これからもそうでありたいと


切に思います。






これからもまた、たくさん"ありがとう"がいえますように。。。










時の流れの真ん中で


また時を忘れた僕がいる


でも僕はここにいる


それが一つの意味になる


それが一つの世界になる


時がまた動き出すんだ


思ったよりもずっと速く




それらは確かに僕の中にあるから


また僕は僕でいられる


そこからまた


僕は僕でいられるんだ





時間が記憶を紡いでゆく


記憶が時間を刻んでゆく・・・






僕らは


時を忘れてはいけない


時を感じられることに


感謝を。


忘れてはいけないことを


忘れずにいられることに


感謝を。

[PR]
by new-world-13 | 2005-12-06 23:41 | Minds/思い、考えたこと

誰かを思う、そんな気持ち。


僕の好きなアーティストであるBILLY JOELさんの名曲「All About Soul」より。


   It's all about soul
   It's all about knowing what someone is feeling
   The woman's got soul
   The power of love and the power of healing
   This life isn't fair
   It's gonna get dark, it's gonna get cold

   You've got to get tough, but that ain't enough
   It's all about soul



とても素直な歌詞やけど、考えさせられる歌詞です。

肝心なのはsoul。確かにそうかもしれない。

今の僕が忘れているのは、soulなのだろうか?









今日は午前中授業で、終わった後ラーメン二郎にラーメン食べに行こうとしたら、

いつになく長蛇の列ができていたので諦めて素直に帰りました。

前回食べ切れなかったリベンジをしたかったのになー

(でも豚ダブル大ラーメンはもう一生たのみません。)



で、その後高校の時の友達と渋谷で飲むことになって

夜、普通に居酒屋で飲んでたんですが、その友達のうちの一人が

大学に入ってから身長が3センチ伸びたらしいです。

僕は高2くらいからまったく伸びなくなったので、うらやましい限りでした。

ん~、牛乳一日ちゃんと540mlずつ飲んでた時期もあったんやけどなぁ。。

さすがに最近はお金がないのでそんなことはできません。

というかむしろ牛乳なんて高級品買えません。

安くなった時に買い込みます。(何か寂しくなってきた...)


ってなわけで、僕もまだ諦めてないので頑張ってあと2センチは伸ばします!

毎日背伸びとかしてたら伸びるかなぁ~。。。


そんなこんなで、また今日も終わるね。

また明日も頑張ろ☆








僕の尊敬する槇原敬之さんがこう言っていた。


人は誰かを思うために生まれてきたんだよって。


そして僕は、


人は誰かを思うことができるから幸せを感じることができるんだと思ってる。


きっと、そういう気持ちが、soulなんじゃないかな。。
[PR]
by new-world-13 | 2005-11-06 04:13 | Minds/思い、考えたこと

~三田演説館前にて、11月の始まり、天気は晴れ。~


両手振り上げて笑い合える、そんな日もいつか来るさ。




   気持ちがまた戻ってきたみたいで...
   こんな風に...人の気持ちはほんとに移ろいやすいからって
   いつかも言ってたよね。
   今日は少し寒かったけど
   それでも風は優し過ぎたよ






今日は朝から風邪がやばくて、咳がとまらんかった。

かれこれ3週間以上ひいてる風邪...頼むから早く治ってくれ~

まぁ、睡眠不足に栄養不足、さらに喉を酷使してたりもするから

治らないの当たり前っちゃー当たり前やねんけどな。

毎週火曜は(僕にとって)歌広の日やけど、流石に今日は自粛しました。





さて、で、今日はかてきょだったわけなんですが、

昼ごはん食べた後からかてきょまでの時間つぶしに

キャンパス内にある三田演説館の前で

ぼーっとしてました。

三田キャンパス内にはあんまりお気に入りの場所がないから

そこには割りといることが多いです。

落ち着けるんですよね、ああいう場所って。。

なんか、現実の世界と切り離されている感じで...

それでいて、現実をリアルに感じられる場所。

僕にとっての今一番のそういう場所は、深夜の日吉キャンパスです。

今でも夜日吉に用があるときは、暇を見つけて足を運んでいます。

その人にとって落ち着ける場所。。必ずあると思うんですが、

そういう場所でこそ、ほんとの自分ってものに気付くことが出来ると僕は思います。

だから、何か気持ちがはっきりしなかったりする時は、

そういう場所はホントに僕を助けてくれます。

自分の気持ちがわからなくてどうしようもない時 そんな時はたくさんあると思いますが、

そういう時に、そういう場所で感じられる思いこそ、

自分の本当の気持ちだと僕は思います。







    今日はほんとに晴れてました。

    空が教えてくれたこと 雲が教えてくれたこと

    そして、風が教えてくれたこと。

    
    確かに僕は自分の本当の気持ちに

    少しだけ気付くことが出来たと思います。








 また明日も晴れるといいな。。
[PR]
by new-world-13 | 2005-11-02 00:44 | Minds/思い、考えたこと