2006年 05月 16日 ( 1 )

年に二回じゃ、奇跡とも呼べない



ただいま。さっきサークルから帰ってきました。

明後日の発表用のレジュメをまだ全く作っていない。軽くやばい。

明日打ち合わせがあるので今日作っちゃわないとまずいのだが。

軽く徹夜の流れだろうか。



まぁそんなことはどうでもよくて、

今日は色々調子が良くなかった。いつに無く自分を見失ってた。

しょうがないといえばしょうがないのだが。




そう、今日は半年振りくらいに見た。

昔、夢そのものだったそれが、

いつの間にか夢の一部になって

俺を縛るようになった。

それを年に二回の奇跡とでも呼ぶか。

間違いなく違うだろう。



よく言うような、真実の愛みたいなものをもし知っているのなら

生きてる意味もなくなるのか。

そんなことはないだろう。


わかってたんだけどね、いることは。

少しは研ぎ澄まされたけど

衝動は無かったね。



今日も、暑いのか寒いのか良くわからん天気だった。

いつもこんな空だね、偶然見かける日は。どんよりしてさ。


今日も、まるで奇跡みたいな、中途半端な空だったよ。
[PR]
by new-world-13 | 2006-05-16 01:06 | Days/日記のようなもの