2006年 01月 22日 ( 1 )

真夜中のカップ麺と浮遊感覚



なんだ?

あ~もう、よく分かんないことばっかりや!

一つくらい、、わかりやすいものってないものかね。。



たった今、カップラーメンが吹きこぼれました。

普通にお湯入れただけやのに。。なんで??




それはそうと、友達ってのはいつでも良いもんですね。

うん。いい。

たぶん俺はやっていけるよ。

みんながいなかったら、やばかっただろうなぁ。。

とか思う今日この頃。。




そろそろカップめん出来そうです。

早く食べよ~。











うまい。



あ~、

俺は人を見る目が無いらしいから(友人曰く)

どんなに良い人でも、よさを見抜けないときがあんねんな~。

困ったもんや。見る目付かないかな。





うぉっ、メガネ曇った。



それにしても、深夜のカップラーメンはなんでこんなに上手いんだ?



・・・あー、早く二郎(ラーメン屋)行きて~。。


もう完全にジロリアンやな。鍋二郎してー










ふっ。不毛だ。




なんなんだろうな、今って。

この時じゃなく、さ、

いつか消えるための布石なのかね、やっぱ。


どうしようもないこと、多すぎるんじゃない?そんなこと、ないか。どうだろうな。



とにかく、この浮遊感覚、大事にしたい。


まとめると、、それが幸せか?・・・違うか。







もう少しの辛抱のような、、そんな気がする。


なら、あと少しね、、似たような戯言も吐きながらさ、


やれるだけ、やるっきゃねぇな。







幸せ感じるには、まだ早すぎる・・・か。


冗談にしては、、、


あまりに笑えない。
[PR]
by new-world-13 | 2006-01-22 01:31 | Souls/感じられたこと