夜、空に雲、駆け足で。



時に風の音に流されるままに

ふーっと。

書き連ねてみたり。




夜、空に雲、駆け足で。

今もきっとそう。

ほんとはもう少し待って。待って。

まだ、重ならないで。

君は、まだ。






生まれて来い。何か、今ここに。

もう消えるのは、恐いから。




たぶん、啓示とか、そんな類。

それが先にはとても儚い美しさを示すから。


俺もおんなじように示してみようと思うから。





何度でも、生まれてきては無に帰り

空に帰り、ここに帰り、

空気に溶けて

綺麗な意味になるんだってさ。





そうか。一緒か。


みんな、一緒か。
[PR]
by new-world-13 | 2006-05-20 04:52 | Souls/感じられたこと
<< 生きている、ただそれだけで 年に二回じゃ、奇跡とも呼べない >>