春の予感がした。



遠い過去の記憶とともに、vanish in the haze...。キシモトです。





さっき駅前の商店街を歩いてたら暖かい風が目の前を吹き抜けました。

そういえば今日はなんか暖かい。。

もしかしてもう春なのかな。

ずっと寒い日が続いてたから、陽の光の暖かさを感じると妙に嬉しい。




しばらくして少し冷たい風が何度か顔に触れた。


太陽が、眩し過ぎて気を失いそうになった。








「私を、忘れないで。」



「もう、、大丈夫だよ。。」











赤信号で目が覚めて、、振り返った。


いつもの商店街は、とにかく穏やかだった。








春の予感がした。幸せな痛みがそっと胸を刺した。


何かいいことが起こりそうな気がした。













家に帰って、まもなく来た友達からのメール。



ひとつの幸せが、、そこに生まれたらしい。



とても、、素敵なことだと思った。











今日は、とても素敵な一日になっただろう。












春を少し感じられた一日。。










3月が、、終わりに近づいても、、











どうか、冬を忘れないで。












もう、大丈夫だから。。











・・・to be continued for 24, March.
[PR]
by new-world-13 | 2006-02-09 16:22 | Days/日記のようなもの
<< So si te... 増えすぎた荷物は僕が持つよ~、... >>