パンと紅茶と、、舞い散る白糖と...。



右肩が痛いです。きしもとです。




レポートが終わりません。と言うかやる気が出ないのでカタツムリ並みのスピードで進行中です。


というか、色々横道に逸れてしまう。。






なんか、、追われてるなぁ。。。


そんなに忙しいわけでもないのに、

余裕がない感じ。早く落ち着きたい。









とにかく今は右肩が痛いです。














今日は1月30日。








一年前の今日は、朝食を多摩川河川敷で食べた。


いつもより早く目覚めた日曜日の朝。


なんとなく気持ちをすっきりさせたかったから、


朝の冷たい空気の中、多摩川まで走った。


途中、コンビニでパンと、、、確かおにぎりだったか。。


あと、午後ティーか紅茶花伝のホットミルクティーを買って、


多摩川に着いたら、座れる場所を探して、、


そう、風が強かったから、パンに付いてた粉が飛び散って大変だった。


甘くて、白い粉。。細かくて、、やわらかくて、、、


とにかく寒かったような。。




そこで朝の川の流れを眺めながら、、


色々、、








そういえばあの頃が一番辛かった。




いや、一番幸せだったのかもしれない。




どちらにせよ、



今とは違う何かを、、僕はまだ持っていた。。


そんな気がする。いや、確かに。





今からでも遅くないって、、、


いつまでも変わらなくていいんだって、、、


そんなのは甘いたわ言でしかなくて、、、



本当かな。。








僕はあの頃何を思ってた?



どんな風に思ってた?



もう、今からじゃ考えることもできないくらい、、


そんな素直な僕がいたんじゃないのか?



そんなことはない、、、って言っても、、


今の僕はもう、、、


ちょっとした寂しさしか感じれなくて、、、


そのことがむしろ悲しくて、、






あの頃がよかったとは言わない。



でも、あの頃の気持ちは、ほんとはいつまでも忘れたくないんだ。



切なくて、、もどかしくて、、どうしようもなくて、、それでいて嬉しいような、、


なんともいえない、、あの気持ちは、、、、




あの気持ちを、僕は.....。









そんな気持ちで、、その時に撮った写真があった。






a0054683_411482.jpg







今の僕には、、ただ朝の冷たい空気に流れを潜めただけの、いつもの多摩川に見える。
[PR]
by new-world-13 | 2006-01-30 04:24 | Souls/感じられたこと
<< 空になるまで ん・・・。 今日は、、、もう1... >>