君の涙の美しさに、ありがとうと。



みなさん、日々、お疲れ様です。。最近やっと咳が少なくなってきたキシモトです。





さて、僕が愛読している友人のブログの過去ログを見ていたら、

今年の一月にあった成人式のことを思い出しました。




このブログを読んでいただいている方たちの中にも

きっと来月成人式を迎える方がおられると思います。

もしそんな方々の中で、成人式には行かない!って人がいれば

なんとしても行ってもらいたい!、と心から思います。



一生で一度しか出来ない経験なので

そのような経験はしとくのがいいのは当然なんですが、

やっぱり、自分の地元の同級生たちと

特別な時間を過ごせるということは本当に幸せなことだと思います。



本当に幸せなことです。




僕は今年の一月、無事に成人式に行くことが出来ました。

というのも、成人式の日程と必修の語学の授業の日程とが

不幸にも近接していたので、

成人式のために地元の奈良まで帰るのはなかなか難しかったのですが、

素晴らしいスペイン語の先生が、成人式のある人のために

僕らの日程を一週間ずらして下さったのです。

お陰で僕は安心して成人式に行けました。

そのことは今でも本当に感謝しています。(ヨルディ先生ありがとうございました。。)




で、無事に成人式を迎えることが出来たわけですが、

式当日は予想通り懐かしい顔ぶれをたくさん見ることが出来ました。

そのことももちろん嬉しかったのですが、

僕としてはやっぱり、前々から成人式の後は絶対に一緒に飲もう!って言ってた

親友たちと、予定通りともに式に参加できたのが一番嬉しかったです。


その中の友人の一人は、

もうずっと前から、「このメンバーで成人式に出るのが俺の夢」とまで言ってました。

たぶん、僕を含め他のメンバーも同じような気持ちだったと思います。


成人式当日は、涙が出るくらいやっぱり嬉しかったです。






親友というのは本当に何人もいるものだと思います。


自分が現在置かれている環境の中でもいるものだと思うし、


過去を振り返ればたくさん思い浮かべられる人もいると思います。


いや、みながそうだという事は出来ないかもしれないので


そういうことをいえる僕は本当に幸せなのかもしれません。


そのことは本当にいつも感謝しています。


彼らがいるから、僕は普段満足に生きられているんです。







話を戻します。。



そして、成人式の後、そんな親友たちと飲みました。


ほんと、みんな嬉しそうにしていました。


(まぁ、一人、彼女の成人式の晴れ姿を見るために車で大阪まで行って帰ってきて直接スーツで来て、酒をたのめなかったヤツもいましたが・・・w)


あれほど感慨深い気持ちになったのも


今まで生きてきてそうそうなかったです。








で、その後その中の一人の家でなぜかガキ使のビデオを見て、


そして、夏にまた飲み会しよう!ってことを約束して(もちろん、その飲み会はもう今年の夏に執り行われました。それもまた良かったです。。ちなみに次は年末に飲もうってことになっていて、今から楽しみにしています♪)、

そこで別れたわけなんですが、その後一緒に帰路に着いた友達と


耳成山(ローカルでごめんなさい)を5周ぐらいしながら色々話しました。


なかなか重たいテーマの話をしたので(宗教とか友情・愛情・家族愛についてが主。)


色々勉強になりました。


で、まだまだ話し足りなかったので、


近くにあったサンクスの駐輪場で、あったかい午後ティー飲みながら


音楽の話や漫画の話、恋愛の話などなど、これまた色々、午前3時くらいまで語り合いました。(その日のあさ7時の電車で東京に戻らなければならなかったのにもかかわらず。)


有意義な時間を過ごせたので、ほんとに感謝してます。またこんな時間を過ごせればなって思います。(いつもありがとね!シャチョー☆)


さて、、で、東京に戻ったわけなんですが、


そこからも長くなりそうなんで、今日はこの辺で。。



もしかしたらまた続き書くかもです。











今日書いたことを少し振り返ってみても、



なんとなく感謝してることが多いような気がする。



それだけ幸せだってことなんだろう。



幸せなことに感謝というものが生まれることが多いから。



幸せは感謝のみなもと。




ある先生が、「真理を探究する一つの方法は逆の見方をすることだ」って言っておられた。





幸せは感謝のみなもと。逆にしてみよう。




「感謝は幸せのみなもと。」




そうでしょうね。やっぱりそう思います。






僕も感謝の気持ちをずっと持ち続けたいと、、


今までも思ってきたし、これからもそうでありたいと


切に思います。






これからもまた、たくさん"ありがとう"がいえますように。。。










時の流れの真ん中で


また時を忘れた僕がいる


でも僕はここにいる


それが一つの意味になる


それが一つの世界になる


時がまた動き出すんだ


思ったよりもずっと速く




それらは確かに僕の中にあるから


また僕は僕でいられる


そこからまた


僕は僕でいられるんだ





時間が記憶を紡いでゆく


記憶が時間を刻んでゆく・・・






僕らは


時を忘れてはいけない


時を感じられることに


感謝を。


忘れてはいけないことを


忘れずにいられることに


感謝を。

[PR]
by new-world-13 | 2005-12-06 23:41 | Minds/思い、考えたこと
<< GREEの田中社長が三田に来ら... 不器用なままで >>