1、2、・・・アンド、7。




訳のわからない痛みに騙されて

ここまで来てしまった。




訳のわからない・・・

訳の、訳の・・・







次に友達の日記に書かれていた名文を記す。







いつかという夢に浸って

いまは流されていくんだな。








僕もそうなんだろうなぁ。


今きっとそうなんだろうなぁ。













そんな想い、今の僕が持っているかどうかは解らないが。

一つの事実として。

ここに。











その日はとても素直だった。



本当に素直だったと思う。











2005年2月7日(月)





どうして人として生まれてきたのかな。

別に他のモノでも良かったハズなのにね。

本当に何とも言えないことだよね。

すごい嬉しいことなんだけど・・・もしかしたら・・・

生まれ変わったら別のモノになって、

また生まれ変わって別の何かになって・・・

そんな繰り返しで・・・ずっとずっと経って

また人間になるのかな。

でも果てしなく遠いことだよね。

たぶん・・・もう、なれないくらい・・・

そう考えると

今、ここにいるってこと、

本当にすごいことに思えてこない?

確かに

二度といれない今。

そして、なくなってしまったら

未来にすら戻れない・・・

今もない世界・・・。

もし生まれ変わってもやってこない

この体での人生・・・。

・・・もう、何でも出来そうな気がしてこない?そう考えると。

しなきゃいけない感じもするし・・・。

やってもいいんじゃないかって・・・。

ずっとずっと遠くからやってきた“今”なんだから

悩む必要なんてないんだよ。

きっと僕らは・・・

いいんだよ。

ほら・・・ね?










あの目も霞むくらい遠いところから


“今”の僕を照らす星のように・・・


いつも・・・


どんなときも


君のことを照らし続ける光で・・・


僕が・・・いつか・・・


いてもいいんだっていう思いが・・・


“今”の僕にあって・・・


それが、あの星の光で・・・


はっきりと・・・わかるんだ。


はっきりと。


きっと僕も色んなことを教えてもらったんだ。


色んなモノに・・・。


あの星とか、いつも見てた空とか・・・


何気ない街並みとか・・・


そして君に・・・。




そうだよ。


あの星の光は君だったのかもね。


そうじゃないとしても、


僕にとって・・・君なんだよ


だって、いつも・・・何を見てても、


結局君を思い出してたんだから・・・。。。

















人生は何のためにある?





人生というのは、夢を見るためにある。






本当か?









本当だろう。






少なくともその時の僕はそう思っていた。







今もたぶん、そう思っている。











その、6日前の僕が言うには、





「自分の気持ちに素直だったら、カタチは自由でいい」




らしい。












その翌日の僕は、






今の僕と同じなのかもしれない。









「こんな訳のわからない気持ちを感じられるだけで幸せなんだよな。」
[PR]
by new-world-13 | 2005-12-04 21:45 | Souls/感じられたこと
<< 不器用なままで YES, in IT !! >>