一年経って...またこの季節



    冬の気配


みんな似たような気持ちをぶら下げて
はざまに浮かぶ小さな空は
夢の続きを見せてくれるのかい?

近づくほどに遠くなる...よくあることさ
誰かが誰かに寄せた想いと
同じ色したヒトカケラの切なさは
きっと大空に舞い上がっていつか消えるんだ...

  今もまだ聞こえてくる淡い思い出の声と
  君はこれからも重なり続けるんだろう...
  とてもとても優しい声だよ
  きっとずっと切ない声だよ

秋になって...そんな気配が身に沁みて...
次の季節を受け入れようと...そっと...そっと...(05/11/15)

[PR]
by new-world-13 | 2005-11-15 21:24 | Lyrics/※過去の遺物です
<< それでも一億人から君を見つけたよ 月曜は全体会 >>