僕と世界の廻り方



「手紙」


傷付いた水鳥が 夢を見た
明日の行方 探し続けて

夜が明ければ また君の声が
朝日に濡れて
生き返る...儚げな感情

  きっと そんな風にして
  世界は廻ってる
 僕ら叫びあって
 また笑って...

  誰かが泣いてたって
  誰かが言ってたっけ...
 真っ白い息が今
 世界と混ざり合って...


君と僕はまた...夢を見た
浅い温もりにつつまれて...
夜が逃げ出さないよう
そっと 紡ぎ合わせるんだ...

今はまだ 遠い過去からの手紙も
受け取れない 弱い僕だよ

そこで...もう少しだけ
待っていてくれないか...


世界が僕を忘れても
君だけは...待っていてくれないか... (05/11/06)








そんな風にして、世界は廻ってるんだってね

僕らだって一緒だと思うよ

どうせいつか夜空に溶け出すつもりなんでしょ?

届かないはずのあの星になりたいんだってね



僕も一緒だよ。
[PR]
by new-world-13 | 2005-11-07 02:10 | Lyrics/※過去の遺物です
<< 流れ行く光に思いを乗せて... 誰かを思う、そんな気持ち。 >>